先急ぎに忙しい今の時代は、新刊本がどんどん出版され、新聞などに出ます。また、○×文学賞をとった本とか何かで、持ち上げるメディアもたくさんあります。当店は、古書が専門ですので、こうした「はやり本」の風潮にまったく、与みしません。先達びとが読み親しんだ、価値ある由緒本、古書・古典本を、あらためて見直しましょう。

下記、おすすめ古書などを、ゆっくりとした時の流れを感じながら、珈琲のかおりのなかでご覧ください。

古書珈琲 清流舎 店主

珈琲&想いあふるる秋の『古書』

葉っぱ好き人間 こだまみなみ のお奨め本

「葉っぱのフレデイ」 レオ・バスカーリア 著 童話屋
「葉っぱ」 銀色夏生 著 幻冬舎
「最後の一葉」 オー・ヘンリー 著 青空文庫

私はそこに「童謡美」を発見しました

「こころに童謡を」 ・・幸せは 無垢の微笑み ・・歓びは 無垢の思い
KODAMA文学会主宰 永杉 徹夫 著 さきたま出版

当店おすすめ「古書」

「銀の匙」 中 勘助 著 岩波文庫

「歪みを愛でる」 川尻 潤 著 ポーラ文化

「詩人の風貌」 永杉 徹夫 著 林道舎

「ソクラテスの弁明」 荒木 清 著 岩波文庫

「創造的仕事の技術」 悴田 進一 著 ソフトバンク

「技術者になるということ」 飯野 弘之 著 雄松堂

越後雪室屋
雪の力で磨かれた、ゆきぐにならではの味わい・・「雪室珈琲」
珈琲豆もどうぞ・・・ (店内で淹れております)